Welcome to my blog

JIROZA

archive: 2019年02月  1/4

華は褥に咲き狂う~火華と刃~

稀代の名君と名高い恵渡幕府の第八代将軍・七條光彬には恐ろしいほど美しく妖艶な妻がいる。その麗人は――紫藤純皓という男だった。昼は貞淑で楚々とした立ち居振る舞いだが、夜には獰猛な獣に変貌し光彬を翻弄する。夫婦として仲睦まじく過ごしていたころ、御三家筆頭である尾張藩の『七條彬春』が参勤交代のため恵渡城を訪れる。光彬は自分と生い立ちが似ている彬春のことを近しい存在として好ましく思っていた。だが彬春が登城し...

  •  closed
  •  closed