Welcome to my blog

JIROZA

category: 仕事情報(単行本)  1/10

華は褥に咲き狂う5~兄と弟~

剣の腕は師範級、公正で義に厚く心清らか、皆の憧れの上様――光彬が、恵渡幕府八代将軍となって五年。その名声はいよいよ高まっていた。そんな光彬の御台所は絶世の美貌と怜悧な頭脳を持つ男性――純皓だ。純皓が闇組織の長であるという最大の秘密も、光彬は深すぎる懐で受け入れ、今や二人のあいだに付け入る隙は微塵もない。そこへ先代将軍光晴の隠し子騒動が持ち上がり……?御台所×将軍の色恋絵巻第五弾!!発行:新書館イラスト:...

  •  -
  •  -

掌の花

エリート弁護士・宇都木聡介の元に依頼人として現れたのは、高校時代の元同級生で、ネイリスト兼実業家の黒塚菖蒲。相続トラブルを抱えた菖蒲のために、聡介はしばらく彼の家に同居することになる。華道の家元の息子で絶世の美少年だった菖蒲とは、かつて身体を慰め合った仲だった。大人になっても壮絶な色気を含んだ菖蒲の手は、爪先を朱色に染めて淫靡に聡介の身体を求めてくる。戸惑いながらも愛撫を受け入れてしまう聡介。その...

  •  -
  •  -

華は褥に咲き狂う~火華と刃~

稀代の名君と名高い恵渡幕府の第八代将軍・七條光彬には恐ろしいほど美しく妖艶な妻がいる。その麗人は――紫藤純皓という男だった。昼は貞淑で楚々とした立ち居振る舞いだが、夜には獰猛な獣に変貌し光彬を翻弄する。夫婦として仲睦まじく過ごしていたころ、御三家筆頭である尾張藩の『七條彬春』が参勤交代のため恵渡城を訪れる。光彬は自分と生い立ちが似ている彬春のことを近しい存在として好ましく思っていた。だが彬春が登城し...

  •  -
  •  -

狂犬ドルチェ

勤め先を辞め失意の中にいたパティシエの玲央は、突然訪ねてきたラウロに、ホテルのパティスリーへ招かれた。彼は支配人だという。豪華な社宅に案内され、ラウロ自らが甲斐甲斐しく世話してくれる。不審者達に襲われた時も、駆けつけた彼に救われた。抱き締める腕に安堵しすがった玲央だったが、ラウロの青い瞳は獰猛な熱を孕んでいた。貴方を貪り尽くしたいと、求められ……。発行:プランタン出版イラスト:石田要先生発売日:2019...

  •  -
  •  -

乳親~双乳の宴~

「そなたは俺の観音菩薩だ」 家名を揺るがす不祥事を収めるため、我が身を念友(しんゆう)・菫親に差し出すことになった旗本の朝幸。今は目付けを務める菫親の「正室」として、愛茎を晒してのお出迎えは常のこと、時として父子二人から我を忘れるほどに乱され抱かれ、腹にはたっぷり子種汁を孕まされる。全てを朝幸に注ぎ込み、外を観ることさえ許さない菫親の狂気の濃厚執着プレイに翻弄される朝幸だが…!? ラスト1ページまで...

  •  -
  •  -